FC2ブログ
天照の運営者が、イヤシロチ(パワースポット)・エネルギーグッズについての情報を発信します。 ホームページ http://www.tensyou-mtk.com/ 「位山 波動」で検索。
天空昭雄のあまりにもありきたりな日常 「大晦日の午後 カモメとの対話」
IMG_0960.jpg



 大晦日だというのに俺は木を削る作業をしに、鮫洲試験場のわきの運河に行った。

IMG_0959.jpg



 作業を始めるとカモメが集まってきた。天照のグッズは猫に好かれている。カモメにも好かれているのか? と一瞬思ったがちがった。近所の人が餌付けしているので、餌をもらいに集まってきたのだ。

 餌をもらえないとわかると、飛び去って行った。

IMG_0963.jpg



 が、どういうわけだかこの1羽だけは残った。

「お前はもしかして波動がわかるのか?」心の中で問いかけてみる。

 するとこいつは、あたりを見回しながら、

「あー、あー、あー」と答えたのである。

 びっくりしたね。人間の心が読めるカモメがいるとは思わなかった。

 俺は英語はだめだが、鳥語は話せる。「あー、あー、あー」を翻訳すると、(まわりを見回してみろ。仲間がたくさんいるが、波動がわかるのは俺だけだ。すごいだろ)という意味になる。

「つまんない自慢なんかしていないで、仲間のところに行け。そのうち仲間外れにされるぞ」柄にもなく説教をたれた。

「あー、あー、あー」(お前が手にしているその木の波動が心地いい。もう少しそばにいさせてくれ)

「かまわないが、仕事の邪魔をするなよ」

「あー、あー、あー」(わかった。約束する。俺の名前はジョナサンだ。覚えておいてくれ)

 ジョナサン。俺の姓名判断によると、よくない名前だ。孤独な一生を過ごさねばならなくなるかもしれない。

 そのことを告げると、

「あー、あー、あー」(気に入ってるんだ。替えるつもりはない。余計なお世話だ)

 かちんときた俺はそれ以上会話を続ける気にならず、仕事に戻った。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック