FC2ブログ
天照の運営者が、イヤシロチ(パワースポット)・エネルギーグッズについての情報を発信します。 ホームページ http://www.tensyou-mtk.com/ 「位山 波動」で検索。
東京都大田区羽田のイヤシロチ 穴守稲荷神社の大鳥居
KC3Z0001_20121013170148.jpg
「穴守稲荷神社の大鳥居」 多摩川と海老取川の合流地点にある。


 穴守稲荷神社は、戦前は今の羽田空港内に鎮座していた。しかし、終戦直後、米軍によって羽田空港拡張のため、近隣住民とともに四十八時間以内に強制退去を命じられた。

 社はその際に現在地に移転されたが、大鳥居だけはそのまま、今はなき旧旅客ターミナルビル前に残されていた。

 何回か移転作業をしようとしたのだが、そのたびに工事関係者の事故が相次ぎ、祟りを恐れて撤去出来ずにいたのだ。大鳥居が移転されたのは、1999年になってからだ。

 この大鳥居の波動は都内の神社の鳥居としては強力なほうだ。

 最初の移転のときは祟りのせいというよりも、神が意地を見せたという気がするが、二度目以降も移転を妨げたのは何でだろう。何かの抑えとして必要だったからだろうか?



 散歩途中のお年寄りが大鳥居に向かって頭を下げた。大鳥居に神の力が宿っているのがわかってるのかなと最初は思ったが、すぐに違うなと思った。そのお年寄りはたぶん、かつて羽田空港内にあった社に向かって頭を下げたのだ。

 穴守稲荷神社は戦前は、東京を代表する名社として知られていた。今は地元の人が訪れるだけで、ひっそりとしている。

 昔の穴守稲荷神社の写真を見ると、社の周囲は潮干狩りのできる砂浜。思わず行ってみたくなるような風景の中にあった。戦前のままの穴守稲荷神社をこの目で見てみたい。


スポンサーサイト