FC2ブログ
天照の運営者が、イヤシロチ(パワースポット)・エネルギーグッズについての情報を発信します。 ホームページ http://www.tensyou-mtk.com/ 「位山 波動」で検索。
東京府中のT様のご報告
 グッズの感想ですが…色々持っている割に私はどうにも鈍いタチでして(T-T) 皆様のように「荷物の封を切った瞬間に涼しい感じがした」などは残念ながら分からなかったのですが、CDのシールを貼って再生した所で、やっと空気が変わったのがわかりました。

 皆さんのいう「シーンとした感じ」というのはこれか、と。なんというか、空間をざわつかせる何かが沈静されて清浄化されるというか…。単にその手のグッズの置き過ぎなのかも知れませんが(笑)、もしそうだとすると、そういった他のグッズの影響まで「静粛」してしまうのはすごいなあと思います。

 それでなくともやんちゃ坊主の2歳の子供がいる家なので、どうしても家の空気は落ち着かない感じになるのですが、CDを流している間は、それが大分改善されているように思います。

 あと、音質そのものも変わるような…。特に高音域の空気中の通りが良くなったような気がするのですがこれは気のせいなのでしょうか?


「気のせいではありません。高域の出がよくなるので、ハイ上がりになります」


 水の味の変化…早速プレートを2リットルポットの下に置いてみたのですが味の変化が「?」分からず…。既に麦飯石などを多量にぶち込んでいる為に、味はすでにそこそこ改善されているので分かりにくかったのかもしれません。

 が、お茶を急須に入れて暫く天の泉プレートに置いておいたら、全く味が別物に! 安いお茶葉特有のトゲトゲしさがとれて、えらいまろやかなお茶になっており、お茶好きの自分には大変うれしい限りです。

 天の泉プレートを炊飯器の下に置いてご飯を炊いてみた所、どうしても再現できなかった「昔の実家のご飯の味」にかなり近いものになりました


「府中に住んでいるなら、国分寺の真姿の池湧水群に水を汲みに行くといいです。もっとおいしくなります。京王よみうりランドのそばにある穴澤天神社の御神水もおすすめです」


 あと他にも色々お伝えしたい事も多々あるのですが、恐ろしく鈍い自分にも顕著に変化がわかった物として拙い報告で恐縮ではございますが、ご連絡させて頂きました。

 また近い内にご利用させて頂くと思いますが、どうぞ宜しくお願い申し上げます。この度のご縁に感謝致します。すばらしい品々を送って下さり、本当にありがとうございました!

※ちなみに私の実家は茨城のつくば市です。天照さんのイヤシロチ紹介のコーナーで筑波山はもとより、出雲大社の分社が紹介されていて大変うれしくなりました。

 一回しかまだ行った事がないのですが、神社なのに、しかも出雲の分社なのに私には何故かものすごくアットホームというか、ほのぼのした雰囲気で大好きな神社なので…。地元の人間でも知らない人多いんですよ。先の震災で大分被害を受けているようで、ちょっと心を痛めているのですが…。


「出雲大社常陸分祠には三回くらい行っていますが、いずれの時も人が少なかったです。あれだけの大社なのに知られていないのは、残念な気がします。私にとってもお気に入りなので。

 筑波山の御海(みうみ)には行ったことがありますか? 男体山の山頂のそばにある大岩です。行ったことがなければぜひいって見てください。筑波山にある大岩の中では断トツに波動が高いです。

 常陸大宮の手前にある常陸二ノ宮の静神社も結構おすすめです。延喜式神名帳に、鹿島神宮などとともに名神大と記されています」

 
 またなにかグッズを使っていて素敵な発見がありましたら、ご連絡させて頂きます。それでは!
スポンサーサイト
埼玉県 名栗 白雲山鳥居観音  「波動・景観ともによし 超おすすめ」
KC3Z0014.jpg
「鳥居観音 車道」

 入り口で拝観料を払い、車道を登って行った。傾斜が急でけっこうへばる。



KC3Z0015.jpg
「玉華門」

KC3Z0018.jpg
「納経塔」

KC3Z0019.jpg
「救世大観音」
 
 山の波動がプラスされ、救世大観音の周囲は強力な波動空間。浄化力は高くないが、パワーを感じさせる。ちょっといるだけでエネルギーが体中にみなぎる。エネルギー充填率の高さだけで言えば、トップレベルのイヤシロチだ。

 救世大観音のなかに入れるのは日・土・日・祝日だけ。(12月から2月は閉館しているが、拝観を希望すれば対応してもらえるらしい)。入り口から中をのぞくと、中のほうが明らかに波動が高い。残念ながら私が訪れたのは平日なので、中には入れなかった。

KC3Z0020_20111119235223.jpg
「救世大観音前の景色 青梅方面」

 周囲の景色を眺めながら1時間ほどのんびりした。


KC3Z0021_20111119235222.jpg
「玄奘三蔵塔」

 「西遊記」で知られる三蔵法師(正式名は玄奘三蔵法師)の霊骨が祀られている。


KC3Z0024_20111119235350.jpg
「登山道」

 帰りは登山道を下った。波動のいい湧水が登山道を横切っていた。

 境内の広さは東京ドームの6.5倍。境内にあるすべての建造物をめぐるためには、車道と登山道の両方を通らねばならない。両方歩くと約80分。

 私は真っ先に救世大観音に行きたかったので、行きに車道を選んだが、傾斜のきつさを考えると、行き登山道、帰り車道のパターンのほうが楽だと思われる。

 歩くのがいやなら車で行って、車道を往復すればいい。いくつかの建造物をパスすることになるが、救世大観音のすぐそばまで入れる。


KC3Z0025_20111119235350.jpg
「平和観音」


KC3Z0026_20111119235349.jpg
「平和観音から望む救世大観音」


KC3Z0027.jpg
「仁王門」


KC3Z0028_20111119235348.jpg
「本堂(七観世音菩薩)」


   鳥居観音公式ホームページ

KC3Z0029_20111119235343.jpg
「名栗湖」

 ロックフィル・ダムを見るため、足を伸ばして名栗湖へ。