FC2ブログ
天照の運営者が、イヤシロチ(パワースポット)・エネルギーグッズについての情報を発信します。 ホームページ http://www.tensyou-mtk.com/ 「位山 波動」で検索。
神奈川県川崎市のイヤシロチ フィオーレの森
1_20090928031643.jpg
「正面入り口」
 東急田園都市線「溝の口」駅またはJR南武線「武蔵溝の口」駅より 徒歩5分 洗足学園向かい

 フィオーレの森はスピリチュアル・スポットとして一部の人には知られているようだが、私が知ったのは一昨日だ。

 15年ぶりにフルートをひっぱり出して吹いてみたら、まったく吹けないレベルになってしまっていたので、「レッスンを受けようかな?」と思いネットで検索したら、フィオーレの森にある音楽教室が出てきたのだ。

                    公式サイト

2_20090928031642.jpg
「井戸」

 長寿の水と言い伝えられている霊泉。残念ながら汲めない。

 正面入り口の門に地図がある。それを参照しないと場所がわかりづらい

3_20090928031642.jpg
「噴水」

 この噴水の波動はけっこう強力。井戸の水を使用しているか、竜神が棲みついているか、そのどちらかだ。

5_20090928031642.jpg
「湧き水を祀った礼拝堂」

 椿径と名づけられた石段を上がった丘の中腹にある。

 丘には水晶が108個埋めてあるそうだが、水晶を埋めただけではこうはならない、そんな波動レベルの丘だ。

6[
「真樹庵」

7_20090928031642.jpg
「久本神社」

 フィオーレの森のとなりにある神社。祭神は天照大神。


「フィオーレの森は森自体も小さく、中に入っている商業施設の数も少ない。もしここを訪れるなら、ついでに東高根森林公園に行くことをおすすめする」

                   東高根森林公園公式HP
スポンサーサイト
東京目黒区の弁天池 碑文谷公園・清水池公園
 そこらじゅうにある弁天池。水深が10センチしかないような池でも竜神がすんでいる。自分が行った限りではハズレなしだ。

SA310006_20090918222820.jpg
「碑文谷公園 1」

 ポニー園.・小動物とのふれあいコーナー・池があることをのぞけば、どこにであるような公園だ。

 公園の大半を占める碑文谷池は立会川の水源。貸しボートがあり、30分100円。エネルギー充填するなら、ボートの乗るのが一番効率的だ。池の波動でボートがエネルギー化しているので。

SA310005_20090918222820.jpg
「碑文谷公園 2 中ノ島の神社」

SA310007_20090918222819.jpg
「碑文谷公園 3」

SA310009_20090918222819.jpg
「清水池公園 1」

 碑文谷池は釣り禁止だが、こちらは釣りができる。

 釣りをしている人々の波動を観てみると、いい波動の恩恵にこうむっている人は皆無。釣りをしているようでは、波動のいい池のほとりにい続けても、いい波動を受け取れないということか。

SA310008_20090918222819.jpg
「清水池公園 2」

 弁天神社は中ノ島でなく、池のほとりに建っている。

SA310011_20090918222819.jpg
「清水池公園 3」

 波動のいい人工のせせらぎ。

「人工のせせらぎだからといって馬鹿にしてはいけない。中には波動のいいせせらぎがある。

 大井埠頭のみなとが丘ふ頭公園のせせらぎは、100%水道水でありながら、浄化力さえある」


東京のイヤシロチ 大田区 東京港野鳥公園
SA310020_20090913192312.jpg
「自然生態園」

 大井埠頭には3日に1度行っているが、東京港野鳥公園を訪れるのは20年ぶり。これまで来なかったことを後悔するような風景を何ヶ所かで見ることができた。ここもその1ヶ所。

SA310022_20090913192312.jpg
「4号観察小屋」

SA310023_20090913192312.jpg
「いそしぎ橋」

 田舎道のように見えるが、橋の上に造られた道。

SA310025_20090913192312.jpg
「東淡水池」

SA310026_20090913192312.jpg
「ネイチャーセンター地下」

 カニを観察できる。

SA310027_20090913192758.jpg
「2号観察小屋への道」

 池の周囲を1周できる道があるのだが、野鳥保護のため歩けるのはほんの一部だけ。

SA310028_20090913192758.jpg
「2号観察小屋」

 信じられないことに、2号観察小屋のなかに入ると、浄化が始まった。小屋自体がエネルギー化している。

SA310029_20090913192758.jpg
「1号観察小屋から見た潮入りの池」

 1号観察小屋も2号観察小屋と同様に浄化が始まる波動レベル。


 入園したのは平日の午後4時のせいか、園内で出会ったのは従業員をのぞくと二人だけ。

 次回行くときは、観察小屋の長いすで昼寝をするつもりだ。

 東京都立の公園のため、10月1日の都民の日は、300円の入園料が無料になる。忘れずに行こう。その前にまた行くと思うが・・・。



東京新宿区のイヤシロチ 新宿御苑
SA310033_20090911192505.jpg
「大木戸休憩所からの眺め」

 国会図書館に行ったついでに足を伸ばして新宿御苑を訪れた。

SA310034.jpg
「ポプラ並木」

SA310035.jpg
「イギリス風景式庭園」

 大きな芝生の広場がある。

SA310036_20090911192505.jpg
「フランス式整形庭園」

 バラ花壇がある。秋バラの見ごろは10月中旬から12月上旬。

SA310042_20090911192840.jpg
「旧御涼亭」

SA310041_20090911192505.jpg
「旧御涼亭からの眺め」

SA310043_20090911192840.jpg
「日本庭園」

 旧御涼亭の池のほとり。芝生で長居するならここがおすすめ。芝生は何ヶ所かにあるが、ここが一番波動が高かった。

SA310044_20090911192840.jpg
「上の池 1」

SA310045_20090911192840.jpg
「上の池 2」


「新宿御苑は波動的には小石川後楽園・駒込の六義園に負けているが、とても広い上、様々な景観を楽しめるので、東京23区内に在住なら、1度は訪れないともったいないかなと思う」