FC2ブログ
天照の運営者が、イヤシロチ(パワースポット)・エネルギーグッズについての情報を発信します。 ホームページ http://www.tensyou-mtk.com/ 「位山 波動」で検索。
神奈川県 石川町付近のイヤシロチ 港の見える丘公園ほか
SA310010_20081027061839.jpg
「港の見える丘公園 1」 みなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩3分
                JR根岸線「関内駅」から徒歩20分・「石川町駅」から徒歩15分

SA310008_20081027061854.jpg
「港の見える丘公園 2」

SA310009_20081027061906.jpg
「港の見える丘公園 3」

 イヤシロチとして紹介するには、波動が弱すぎるかなと思いながら、園内を歩いていたら、強力な波動ポイントが存在した。フランス山と名づけられたエリア内の風車がある場所だ。波動レベルは神社並み。

「何でこんなところが?」

 風車の前の説明書きを読んで納得。この風車は井戸の水をくみ上げるためのもので、井戸に棲む竜神の波動が上がってきているのだ。

SA310011_20081027061943.jpg
「横浜山手聖公会」

 港の見える丘公園からカトリック山手教会に向かう途中、元町公園前にある教会。きれいな建物なので中に入りたかったが、一般の観光客に対しては開放していないようであった。


SA310012_20081027061956.jpg
「カトリック山手教会」 JR石川町駅徒歩8分

 こちらの教会は誰でも気軽に入れる。椅子に腰をおろして20分ほど波動に意識を集中した。その間訪れたのは、平日のためか二人だけ。静かに心身を清めたい方におすすめの教会。

SA310013_20081027062034.jpg
「山手イタリア山庭園 1 外交官の家」 JR石川町駅徒歩7分

SA310016_20081027062053.jpg
「山手イタリア山庭園 2 ブラフ18番館」

SA310014_20081027062135.jpg
「山手イタリア山庭園 3」

 横浜を代表する二つの洋館があるが、庭園自体の波動は港の見える丘公園と同様に、イヤシロチとして紹介するには弱すぎた。

 しかし、またまた救いの神が現われた。この池に棲む竜神である。


SA310007_20081027071648.jpg
「厳島神社」 JR石川町駅徒歩7分

 元町商店街の裏にある。拝殿はコンクリートでペンキ塗り、社殿も小さい。しかし、浄化力は高い。
スポンサーサイト
神奈川県 横浜中華街
SA310001_20081024065332.jpg
「西陽門」

 JR石川町駅のすぐわきにある。くぐろうとしたら、エネルギーを感じたので、波動に意識を集中してみると、いい波動を放っていた。

SA310002_20081024065346.jpg
「延平門」

 西方を守る門。中華街は町全体に風水術が施されている。門の内外の景色をじっくりと見比べると、内側のほうが空気がいい。風水術が効いている。


SA310004_20081024065409.jpg

SA310003_20081024065433.jpg
「関帝廟」

 三国志の英雄の一人、関帝をまつっている。拝観料の500円を払うと、神殿内に入れる。せっかく来たので、入ることにした。

 入る前に花火のような形の線香で身を清める。神像の前にクッションが並べられており、それに膝まづいて合掌しながら三拝する。

SA310017_20081024065447.jpg
「線香といっしょに手渡された護符」

SA310005_20081024065519.jpg
「媽祖(まそ)廟」

 航海を守る海の神様、媽祖をまつってある。ここでも500円を払うと、神殿内に入れる。

SA310018.jpg
「媽祖廟でもらった護符」

SA310006_20081024065549.jpg
「南方を守る朱雀門」
古墳
SA310001_20081018030101.jpg
「鵜木大塚古墳 1」  東急池上線雪が谷大塚駅下車徒歩約10分

 古墳に近づくと、強力な波動を感じた。古墳の一部が削り取られ、稲荷神社が建てられている。稲荷神社の波動か? と最初は思ったが、ちがった。古墳自体が稲荷神社よりも強い波動を放っていた。

SA310002_20081018030123.jpg
「鵜木大塚古墳 2」

 古墳の周りは住宅街。波動のいい古墳が近くにある恩恵を、住人たちは感じているのだろうかと思いながら周囲を眺めていたら、まっ昼間だというのに、ある家からマージャン牌の音が・・・。

SA310003_20081018030146.jpg

「鵜の木一丁目横穴墓群」 東急多摩川線鵜の木駅下車徒歩約5分

 古墳時代末期から奈良時代にかけての有力者の墓で、人骨や土器片が出土した。鵜の木松山公園内にある。

 公園内でもっとも波動が強いのが、この墓の入り口。シャーマンが祈祷した効果が今も生きているように思われる。だとしたらすごい。何世紀もほっぽりぱなしの状態だったのだから・・・。
  


「多摩川の流域には、古墳が多い。数ヶ所訪れたが、どこもイヤシロチだった」

東京都青梅市S様のご報告
 九頭龍神社と九頭龍の滝(東京都西多摩郡檜原村)に行って来ました。
  
 当初、一人で行くつもりでしたが、2人の友だちに“一緒に行きたい”と言われました。
 2人とも共通の友だちだったため、話はまとまり、行く事になったのですが、3人の休みの日を合せるため10月になりました。

 9日は当初、曇りだった天気予報も外れ、空が澄みきった秋晴れになり、初めて行った場所なのに電車もバスも全てにおいてスムーズでした。

 数馬から都民の森へ行くバスも9月の平日は運休なんてまったく気づかず、 帰ってきてから知りました(汗)。最初に三頭大滝に行き、橋のそばのベンチでお昼を食べ、大滝の周りを散策しました。

 帰りに数馬でバスを降りて、九頭龍神社と九頭龍の滝に行きました。紅葉には早すぎる平日のため、人はいなくて神社では静かに参拝してきました。

 九頭龍の滝に着いたとき、滝から見える太陽が沈もうとしている瞬間でした。滝から落ちようとしている水が虹色にキラキラ輝いて後光みたいな光が差して、その美しさに言葉がでませんでした。
 
 あんな瞬間が見れるなんて夢みたいです。 2人は「神様が降りてきてるの?」なんて言いながら大騒ぎでした。
 神様も さぞかしうるさかったんじゃないかな?って思うほど2人は感激していました。それくらい美しかったのです。

 下に降りて、橋の下のくもの巣掃って、滝の側で日が落ちるまで3人で見とれていました。
 最後は3人で滝に向かってお礼を言って帰ってきました。
東京のイヤシロチ 皇居東御苑・日比谷公園ほか
SA310002_20081007190448.jpg
「日比谷公園 1」  地下鉄丸ノ内線・千代田線「霞ケ関駅」または地下鉄日比谷線「日比谷駅」から徒歩2分

 御茶ノ水の楽器屋に行くついでに、数ヶ所イヤシロチを訪れることにした。

 最初に訪れたのは、日比谷公園。最後に訪れたのはもう10年くらい前。園内に入ってびっくり。下手な里山より波動が高い。ビジネス街のど真ん中という立地を考えると、驚異だ。

SA310003_20081007190554.jpg
「日比谷公園 2」

SA310005_20081007190607.jpg
「日比谷公園 3」

SA310006_20081007190709.jpg
「皇居東御苑 大手門」

 東宮御苑には大手門から入った。

 東宮御苑と日比谷公園を比較すると、波動のタイプが対照的で面白い。

 日比谷公園の方はエネルギッシュでパワフルな陽性タイプ

 東宮御苑の方は静けさを感じさせる陰性タイプ。東宮御苑内には、大勢の観光客が訪れていたが、たいがい小声で話している。自然とそうせざるをえないような雰囲気があるのである。

 一巡りするうちに私の気持ちはかなり沈静化していた。

 波動のタイプのちがいは木の姿にも現れている。同じ種類の木でも日比谷公園の木の方がエネルギッシュな姿をしている。

SA310008_20081007190722.jpg
「皇居東御苑 天守閣跡前の芝生の広場」

SA310011_20081007190736.jpg
「皇居東御苑 天守閣跡」

SA310009_20081007190827.jpg
「皇居東御苑 天守閣跡の石垣上からの眺め」

SA310010_20081007190840.jpg
「皇居東御苑 桃華楽堂」

SA310012_20081007190857.jpg
「皇居東御苑 汐見坂わきの堀割り」

SA310013_20081007190913.jpg
「皇居東御苑 池」

SA310014_20081007190932.jpg
「皇居東御苑 滝」

 池のほとりに人工の滝がある。(写真中央右寄りにある白い縦線が滝。苑内で一番波動が高かった)

SA310015_20081007191001.jpg
「愛宕神社」 地下鉄日比谷線「神谷町駅」から徒歩5分、または地下鉄銀座線「虎ノ門駅」から徒歩8分、またはJR山手線「新橋駅」から徒歩15分

 浄化力の高い神社で、石段を登り始めるやいなや浄化が始まる。

SA310016_20081007191018.jpg
「愛宕神社 池」

 帰るとき、若いサラリーマンが石段の手前でびびっていた。この神社の石段は危険なくらい傾斜が急で、なおかつ一段一段の奥行きが狭い。