FC2ブログ
天照の運営者が、イヤシロチ(パワースポット)・エネルギーグッズについての情報を発信します。 ホームページ http://www.tensyou-mtk.com/ 「位山 波動」で検索。
わー、すごい
 東京高尾にある武蔵野陵に行った時、皇室のある御夫妻が参拝に来ていた。

 参道を歩いている時、その御夫妻が乗った黒塗りの車が、歩くよりもちょっと速いだけのスピードで向こうからやって来た。

 頭を下げた瞬間、奥様の顔だけがちらっと目に入った。

「わー、すごい」

 頭を下げたまま、私は心の中で感服していた。

 波動レベルがむちゃくちゃ高いのである。私はその奥様ほど波動の高い人間を見たことがない。

 振り返ると、後ろを歩いていた老夫婦は手を振っていた。

「おれも手を振って、お顔をもっと拝ませてもらえばよかったなー」
スポンサーサイト



はー・ひー・ふー・へー・ほー
 天空昭雄がグッズ製作に精を出していると、電話がかかってきた。

「はじめまして、一月ほど前にそちらのグッズを購入したものです。色々と効果があったので、ご報告したくて電話しました」

「わざわざありがとうございます」


 電話の相手は効果についてひとしきり話した後、

「私はとても波動の高い人間です」と言い出した。

 昭雄はいやな予感がした。自分から波動が高いという人間に、本当に波動の高い人間はいない。

「私は、地球がアセンションする際に大きな働きをするためにこの世に生まれてきました」

「はー」

 いやな予感は的中していた。

「だから私に対し害をなすものは、不幸に見舞われます」

「ひー」

「私が怒ると、その怒りの波動はとても強力なので、周囲にいる人々は一時的に体調が悪くなったりします。だから私は極力怒らないようにしています」

「ふー」

「私が歩いた場所は、私の高い波動で波動レベルが上昇します」

「へー」

「最近、太陽の波動が上がっているのをお気づきでしょうが、その原因は私です。私が放つ波動の影響のせいです」

「ほー」

 電話の相手は一方的に勘違いを話した後、

「またお電話します」

「お電話お待ちしています」

 二度とかけてくるんじゃねぇと思いながらも昭雄はそう言った。客商売のつらいところだ。


 昭雄はグッズを作る意欲をすっかりなくしていた。ベッドにごろりと横になった。

「ああいう電話がかかってくるということは、おれはああいう人間と波動共鳴しているということだ。何が原因だ?」

 よくないことが身の回りに起こった時、その原因を探し出し、反省して改めるのが昭雄の習慣になっていた。改めないと同じようなことをまた経験しなければならない。

 
が、今回の場合は、考えても思い当たることがなかった。原因がわからない時は、ほっぽっとくことにしていた。

「そのうちわかるだろう」

 昭雄はかなり適当な性格をしている。
東京 八王子市のイヤシロチ 長沼公園ほか
naganuma kouen 1
「長沼公園 1」 京王線「長沼」下車 徒歩5分

 山の斜面に何本もの登山道があるだけの公園。

 森の周囲は住宅街。野生動物たちの最後の逃げ場として残したのだろうか。タヌキ・野ウサギが棲息している。いたるところでウグイスの鳴き声が聞こえた。

 人が少ないのでのんびり森林浴をしたい方向きのイヤシロチだ。湧水の流れる小川もある。

naganuma kouen 2
「長沼公園 2」
 
naganuma kouen 3
「六社宮」

 長沼公園の入り口にある神社。

naganuma hakusan
「白山神社」

 JR八王子駅南口・京王線北野駅から「片倉台」「西武北野台」「公園前経由八王子みなみ野駅」行きバスで「白山神社」下車徒歩約5分。

 長沼公園と絹の道の中間地点にある神社。

kinu no michi 1
「絹の道」

 JR八王子駅南口より、京王バス 西武北野台 行きで、バス停「北野台3丁目」下車徒歩約10分

 横浜が開港してから鉄道が発達する明治の中ごろまで、輸出用の生糸を運ぶために造られた道。東京近郊のハイキング・コースのひとつとしてよく紹介されている。時間の都合で入り口付近をちょっと歩いただけ。そのうち全行程歩いてみたい。

kinu no michi 2
「絹の道入り口から望む奥多摩」

katakura jyoushi 1
「片倉城址公園 二の丸広場」 JR横浜線片倉駅より徒歩5分

 二の丸跡と本丸跡は芝生の広場になっている。


katakura jyoushi 2
「片倉城址公園 奥の沢」

 波動のいい湧水が湧いている。

katakura jyoushi 3
「片倉城址公園 湿地帯」

 水車小屋がある。

katakura jyoushi 4
「片倉城址公園 住吉神社」
ミニギター
martin g 1


 写真はマーチンのバックパッカーというミニギター。天の泉の波動を転写した弦が張ってあるため、波動発生装置になっている。さらに強力にするため下記のようなことをやってみた。

martin g 2


 ヘッドにミニプレート。 

martin g 3


 ボディ上部にカード。

martin g 4


 ボディ下部にミニプレート。


 体感的なパワーがだいぶアップした。

 普段は作業机のわきに立てかけてあり、休憩時間に弾く。ほんの10分のつもりが、気がつくと1時間たっていたりする。

「げっ、さぼり過ぎた」

 その後の作業効率は弾く前よりも高い。なんとこのギターには作業効率を高める作用があるのだ。
東京 高尾のイヤシロチ 武蔵野陵(むさしののみささぎ) 別格超おすすめ
musashino no misasagi 1
「武蔵野陵参道」  JR中央本線・京王高尾線高尾駅 下車 徒歩25分

 伊勢神宮のような杉並木の参道に入ると、そこはもう別世界。明らかに次元のちがう世界に入り込んだのを感じる。

musashino no misasagi 2
「昭和天皇陵 武蔵野陵」

musashino no misasagi 3
「香淳皇后陵 武蔵野東陵」

musashino no misasagi 4
「大正天皇陵 多摩陵」

musashino no misasagi 5
「貞明皇后陵 多摩東陵」

 陵墓の形状はいずれも上円下方墳。武蔵野陵がパワースポットであるのは以前から知っていた。なぜもっと早く来なかったのか。大いに悔やまれる。


「ここに行かずして東京のイヤシロチを語るなかれ」

 そんなレベルの場所なのである。

tokita benzaiten
「 「斟珠寺(しんしゅうじ) 時田弁財天」 京王線片倉駅下車 徒歩4分

 北野街道を走っていたら、「時田弁財天湧水池」という看板が目に飛び込んできた。思わず立ち寄った。
お祭り
 先週初めて六郷神社のお祭りに行った。

 六郷神社は大田区で一番規模の大きい神社。さぞかしにぎやかだろうと思っていたら、にぎやかを通り越して身動きできないくらいの混雑だった。

 鳥居から本殿まで150メートルしかないが、1時間はかかりそうだった。一瞬帰ろうかと思ったが、鳥居のあたりで普段とは比較にならないほど波動が高くなっていたので、参拝者の列に加わった。

 途中から急に流れがよくなり、本殿には30分で到達した。本殿の波動は別格レベル。射的を眺める振りをしてしばらく波動を浴びた。


 今日は大森の春日神社のお祭り。夜になってから行くつもりだ。

 私は春日神社の近くにある日赤病院で生まれた。春日神社は産土神だ。


「よほどの例外でないかぎり、お祭りの日は波動レベルが上昇する。お祭りの日はねらい目です」
東京世田谷区のイヤシロチ 喜多見不動ほか
kitami fudou 1
「喜多見不動 滝」 小田急小田原線喜多見駅から徒歩7分

 見た目でこの滝をなめてはいけない。

kitami fudou 2
「喜多見不動 本堂」

 本堂も小ぶりだが、ここはおすすめだ。浄化力が高いうえ、小さな東屋があるのでいくらでもながいできる。

kitami nmogawa 1
「喜多見不動付近の野川」

 ここらあたりでも野川の周囲は自然が豊か。野川は国分寺に端を発し、二子玉川で多摩川に合流。全長20キロちょっと。平坦なところばかりなので、川に沿って水源から多摩川まで歩いたとしても5時間くらいか? そのうち歩いてみたい。

kitami nmogawa 2
「野川のほとりに咲いていた花」

sakura jinguu
「桜神宮」 東急田園都市線 桜新町駅下車 徒歩2分

 祭神は、天御中主神・高皇産霊神・神皇産霊神・伊弉諾(イザナギノ)尊・伊弉冉(イザナミノ)尊・天照大御神 ほか多数。

 馬事公苑を後にした私は環八に出ようとしたのだが、方向を間違えて桜新町に出てしまった。その結果、発見した準別格レベルのいい神社。なんてついてるんだ。


神奈川県のイヤシロチ 東高根森林公園
higashitakane shinrin 1
「東高根森林公園 1」

 JR武蔵溝ノ口駅・東急溝の口駅南口からバス「森林公園前」下車徒歩約3分、
 またはJR・小田急登戸駅からバス「神木本町」下車徒歩約10分

 湧水の湧いている量が多く、音をたてて流れている。

higashitakane shinrin 2
「東高根森林公園 2」

 湿地帯に木道がつづいている。谷戸の奥まで行くと、まるで山の中にいるようだ。

higashitakane shinrin 3
「東高根森林公園 3 ピクニック広場」

 ここにかぎらずいたるところにベンチがあるので、のんびりできる。

higashitakane shinrin 4
「東高根森林公園 4 古代芝生広場」

 芝生の下に東高根遺跡が眠っている。

higashitakane shinrin 5
「東高根森林公園 5 古代芝生広場のミズキの木」

 御神木のような波動を放っていた。


「着いたのは日曜の午前6時。近所の人たちがポツリポツリと散歩に来ていた。私はここが大いに気に入り、5時間も過ごしてしまった。波動的には大和の「泉の森」に負けているが、景観がすばらしい」
何を思うかはとても大事
 久しぶりに世田谷区の等々力不動尊を訪れた。

 二条の滝の前に立った私は簡単なノウハウを行った。自分の生気体(肉体以外の体。アストラル体・メンタル体など)が、滝に打たれているとイメージしたのである。たったこれだけで、浄化され具合とエネルギーの充填率が大幅に高まる。


 このノウハウの応用で、イメージ参拝というのがある。

 やり方は簡単だ。お気に入りの神社を思い浮かべる。(目をつぶった方が思い浮かべやすいと思う)。ある一定水準以上、波動を感じられる人なら、自分の中にその神社のエネルギーが入ってくるのがこの時点でわかる。次にその神社の前に立っている自分を思い浮かべる。入ってくるエネルギーの量が増える。

 このことは何を思うかがどれだけ大事なことか、はっきりと認識させてくれる。

東京のイヤシロチ 港区 芝公園
zoujyouji.jpg
「増上寺わきの芝生の広場」

 数年ぶりに芝公園に行った。芝生の広場が新しくできていた。残念ながら増上寺の本堂は修復中で中に入ることができなかった。

zoujyouji kumano
「増上寺境内 熊野神社」

shibakouen tousyouguu
「芝公園内 東照宮」

shiba kouen maruyama kofun
「芝公園内 丸山古墳」

 丸山古墳は東京最大の古墳。いたるところにベンチがあり、「こりゃ、エネルギー充填におすすめの古墳だ」と思ったのだが、頂上まで登ったら欠点が一つあるのに気がついた。

 周囲の車の騒音がやかましいのである。音は上に上がる。下では気にならなかった車の騒音が耳につく。

 丸山古墳で長いしようとするなら、早朝に訪れたほうがいいと思う。