FC2ブログ
天照の運営者が、イヤシロチ(パワースポット)・エネルギーグッズについての情報を発信します。 ホームページ http://www.tensyou-mtk.com/ 「位山 波動」で検索。
千葉県のイヤシロチ 岩井 富山(とみさん)
tomisan.jpg
「富山」

 中央の双耳峰(頂が二つある山)が、滝沢馬琴の「八犬伝」に登場する富山である。東京湾上から眺めると千葉県で一番目立つ山。

senhime ryuuketu
「伏姫龍穴」

 波動レベルは神社に劣るが、雰囲気のいい場所。

ryuuketu naibu
「伏姫龍穴 内部」

tomisan goshinboku
「山頂手前の御神木」

 説明書きには、縁結びに霊験あらたかと書いてあった。

tomisan sancyou 1
「富山山頂」

 私は歩いて登ったが、裏側に山頂近くまで通じている車道がある。ただし1車線。土地の人の話では小型車でないと無理らしい。

 波動レベルは前回の埼玉県の官ノ倉山に負けているが、三浦半島の山よりはいい。周囲の自然環境が三浦半島よりいいからだと思われる。

kanouzan.jpg
「山頂の眺め」

 山頂からの眺めは100点満点。低くなだらかな山々が連なっている様は、2000メートル級の山々の連なりに負けず劣らず感動的だった。遠くの山は鹿野山。写真には写っていないが、鋸山も見えていた。

「千葉の山も捨てたもんじゃない」

 千葉の名山をすべて登ってみたくなった。

 sancyou  iwai no machi
「岩井の町」

iwai kaigan
「岩井海岸」

 シーズンオフなので、人が少なくて静かだった。波動のいい海岸だった。
スポンサーサイト
埼玉県のイヤシロチ 三光神社 官ノ倉山 石尊山
sankou jinjya
「三光神社」 東武竹沢駅下車徒歩50分

 官ノ倉山に登ろうと思ったのは、日・月・星(北極星)を祭るこの神社が山麓にあるから。

 本殿の波動を浴びてから拝殿前に戻ると、拝殿前のほうが波動が強かった。

「?」

 原因はすぐわかった。御神木の大杉が強力な波動を放っているからだ。

tennouike.jpg
「天王沼から望む官ノ倉山」

 官ノ倉山の登山道は天王沼のほとりから始まっている。のっけから強力な波動だった。

kannokurayama.jpg
「官ノ倉山山頂」 天王沼から30分

sekisonzan.jpg
「石尊山山頂」 官ノ倉山から10分

 小さいとは言え、石祠が二つあるため、官ノ倉山山頂よりも石尊山山頂のほうが、波動が高かった。石祠のそばに立って景色を眺めていたら浄化が始まった。

kitamuki fudou
「北向不動」 石尊山から10分

 石段を登ったところに小さなお堂がある。

kitamuki fudou mizuba
「北向不動 水場」

 波動のいい水が汲める。

kitamuki fudou benchi
「北向不動 ベンチ」

 周囲は杉のきれいな森。車道まで10分のところにあるが、山のよさを十分味わえる場所だった。平日のため1時間いても誰も来なかった。


 北向不動から小川町の駅まで90分。全歩行時間は3時間ちょっとだった。
埼玉県川越のイヤシロチ
cyuuin.jpg
「中院」

 喜多院ができるまでは、川越で一番力のあった寺。手入れの行き届いた庭がきれい。みごとな枝ぶりの枝垂桜の木が数本ある。

 道路をはさんだ向かいが高校で、そこから聞こえてくる声が少々うるさかったが、訪れる価値のあるいい寺だった。

 枝垂桜が咲いたらまた訪れたくなった。

kawagoe tousyougu
「東照宮」

 残念なことに柵がしまっていて、柵の手前から本殿を眺めるしかない。

kitain.jpg
「喜多院」

 五百羅漢やダルマ市で知られている。

 庭園があるのだが、着いたのが閉門の10分前。じっくり見たいので、今回はあきらめた。

kitain jigendo
「喜多院 慈眼堂」

 重要文化財に指定されている。

kitain ike
「喜多院 境内にある蛍の棲む池」

hiyoshi jinjya kawagoe
「日枝神社」

 東京赤坂にある日枝神社の本社。小さいが、準別格レベルの強力な波動を放出している。

ukishima jinjya ike
「浮島神社の池」

 見た目は悪いが、喜多院の池より波動がよかった。

miyoshino jinjya
「三芳野神社」

 三芳野神社は、川越城の鎮守。準別格レベルの波動。川越で一番気に入ったイヤシロチ。県指定文化財の社殿の古さびた外観に心惹かれた。

 社殿のわきにいすとテーブルがあったので座ろうとしたら、鳥の糞だらけ。次回行くときはのんびりしたいので、何か拭くものを持って行こう。

miyoshino jinjya sando
「三芳野神社の参道」

 三芳野神社の参道は、わらべ唄「とおりゃんせ」発祥の地と言われている。当時は川越城内にあったため、一般の人は参詣がかなわず、その様子が歌われたらしい。



東京のイヤシロチ 品川区の八幡神社三社
 図書館に行ったら、品川区の「るるぶ」があったので、借りてきた。よさそうな八幡神社が三社掲載されていたので、さっそく昨日行ってきた。

hataoka hachiman
「旗岡八幡神社」 東急大井線「荏原町駅」 徒歩2分

 旗岡八幡神社は品川百景第八十番に選ばれている。延喜式の式内社で、格は郷社。三社のなかではここが一番波動が高かった。鉄筋コンクリートの拝殿・本殿だが、見た目でもここが一番だった。

togoshi hachiman
「戸越八幡神社」

 すぐ近くにある戸越公園にはよく行くのだが、ここは初めて。拝殿前に床机があるので、ながいしやすい。戸越公園に行く際は必ず立ち寄ることにしよう。

koyama hachiman
「小山八幡神社」 東急目黒線「西小山駅」 徒歩7分
山登り 七連荘
 今月から来月にかけて、七連荘で山登りをする(予定)。

一回目=官ノ倉山(埼玉県竹沢 八高線竹沢下車)。余力があったら、帰りに川越。

二回目=富山(千葉県富山)。余力があったら、帰りに鋸山(今の体力を考えると、たぶん行けない。冬ごもりのせいで足がなまってしまっている)

三回目=昇仙峡(山梨県甲府)

四回目=身延山(山梨県身延町)。余力があったら、帰りに富士宮の浅間大社。ロープウェイがあるので、登りは楽をするかもしれない。

五回目=背戸画廊(福島県江田)。たとえぼろぼろになっていても、帰りにいわきの飯野八幡宮(駅から15分のところにあるうえ、とてもよさそうな神社なので)

六回目=神奈川県逗子の里山

七回目=大岩山(茨城県日立 常陸の国最古のイワクラがある)。帰りに泉神社(常陸の国最古の神社)

 順番も行く先も変わるかもしれない。

「なぜ山に登るのか?」

 波動のわかる方なら、登ってみればその答えがわかる。
東京のイヤシロチ 世田谷区 等々力渓谷
todoroki keikoku 1
「等々力渓谷」 東急大井町線 等々力駅下車1分

 等々力渓谷は23区内唯一の自然渓谷。流れている水はきれいとは言いがたいが、両岸につづいている渓谷の斜面の波動はいい。体感的に強力で、遊歩道を歩いていると、顔の皮膚に軽い痛みを感じるほどである。

todoroki keikoku 2


todoroki keikoku mizukumiba
「水汲み場」

 沸かせば飲める、波動のいい水が汲める。

nihon teien
「日本庭園入り口の門」

 川のほとりにある。開門時間は午前9時から午後5時。

todoroki fudou 2008 3
「等々力不動尊」

 渓谷から石段を上がったところにある。

todoroki taki
「不動の滝」

todoroki bentenike
「弁天堂明王台」

 等々力不動尊の見晴台の下にある。見かけは悪いが、波動のいい池。


「東京23区内の自然の波動に限って言えば、ここの波動は私が知る限りでは最強だ。渓谷を一往復するだけで、心も体もすっきりする。ところどころにベンチがあるので、のんびり波動浴をしたい方におすすめだ」
神奈川県 三浦半島のイヤシロチ 三浦富士ほか
三浦富士登山口
「三浦富士の鳥居」京浜急行津久井浜から徒歩30分

 昨年の春に、神奈川県の秦野にある浅間山という名の里山に登った。波動が驚くほどよかったので、他の富士信仰の里山はどうだろうと気になっていたが、富士信仰の里山に登るのは一年ぶりだ。

三浦富士山頂
「三浦富士山頂」

 高さは秦野の浅間山と似たり寄ったりなのだが、波動的には負けていた。秦野の浅間山と較べられるような里山は、東京近郊にかぎって言えば、そうそうあるものではないような気がした。

砲台山
「砲台山」

武山不動
「砲台山の隣にある武山の武山不動尊」

 三浦を代表する不動尊なので、もっと大きいかと思っていたら、意外とこじんまりしていた。

 境内の展望台から、東京湾と房総半島を眺めることができる。

鋸山 富山
「房総半島」

 今月中に登る予定でいる鋸山と富山が見えていた。

三浦富士 砲台山 武山
「右から 三浦富士 砲台山 武山」

 いずれの山も特別波動が高い山ではないが、エネルギー充填ができるレベルではある。津久井浜駅を基点として三つの山に登るハイキング・コースはゆっくり歩いても三時間足らず。

池 河津桜
「小松ヶ池」 京浜急行三浦海岸駅 徒歩十分

 三浦海岸駅から小松ヶ池までは河津桜の桜並木がつづいている。桜の木の本数は、本家の伊豆の河津より多いらしい。河津桜は早咲きなので、すでに満開であった。
新発売 ネックレス・さざれ
N クラック水晶
「天の泉 ネックレス クラック水晶(波動転写中) 価格 : 3,200円」他全六種

水晶 さざれ
「水晶 さざれ(波動転写中) 価格 : 1,000円」

 どちらも波動転写中のため発送は早くとも10日以降になります。
イヤシロチ 東京 池上本門寺 大坊本行寺の鶴林庭
本行寺入滅
「本行寺 日蓮入滅の間」

鶴林庭 1
「鶴林庭」

 日蓮入滅の間がある坊の裏はガラス張りの回廊になっており、鶴林庭という庭園を眺めることができる。本行寺にはちょくちょく行くが、入滅の間に上がるのは初めてだった。

鶴林庭 3


 波動は入滅の間の方が高いが、回廊にはソファーがあるのでのんびりできる。

本行寺 額
「回廊にかかっていた額」
茨城県筑波山 稲葉酒造場 男女川(みなのがわ) 純米大吟醸 槽しぼり 
男女川


 男女川は筑波の地酒。水は筑波山の湧水、米は兵庫産の山田錦。男女川の製造元・稲葉酒造場も商売敵に加えておこう。

 洗足池 杭
「東京都大田区洗足池」

 一昨日、洗足池に行ってみると、二月前より波動が上昇していた。洗足池の水源は、二キロほど離れたところにある清水窪弁財天の湧水。

 湧水はエネルギーグッズ屋にとっては脅威だ。